「あなたの番です」反撃編14話のあらすじ

anatanobandesu_hangekihen_arasuji_14wa

HULUでオリジナルでオリジナルストーリー「扉の向こう」を独占配信です。まずは無料トライアル登録で。

anatanobandesu_tobiranomukou 「あなたの番です」Huluオリジナルストーリー「扉の向こう」

「あなたの番です」のファンの方にはおすすめですよ
登録は簡単、解約も簡単 まずは詳細をご覧ください。
↓↓↓

日テレドラマ

今期のドラマは
面白いドラマがいっぱい(*゚▽゚)ノ

201907_drama_list 2019年7月期(夏ドラマ)一覧

「あなたの番です 反撃編」14話あらすじと見どころ

翔太(田中圭)は幸子(大方斐紗子)が言った「あの子」とは誰の事が引っかかって考えていた。そんな時、久住(袴田吉彦)が目覚めた。病室へと向かった。そこで見た久住の様は以前と変わってしまっていた。

住民会に出席した翔太と二階堂(横浜流星)。翔太は住民たちに洋子(三倉佳奈)の名が書かれた紙は誰が引いたのかと尋ねた。警察の調べでは紙には発見者の木下(山田真歩)他に6人の指紋が残っていた。そして、その6名の反応を見る為、その場で順に名前を挙げていく。

その頃、取り調べで早苗(木村多江)は自供を始めていた。しかし、早苗の供述には矛盾が多かった。そして問い詰められながらどんどん様子がおかしくなっていった。
二階堂のAI分析では、それぞれを殺害したのは同一人物で、快楽のために行った殺人の可能性が高いという結果だった。そして、犯人の可能性が高い人物に意外な名前が挙がったのだった。

神谷と水城は、交換殺人ゲームについて澄香(真飛聖)に質問をする。近くに、そら(田中レイ)が総一(荒木飛羽)と遊んでいたが。総一の姿を見た神谷は、榎本夫妻への協力がバラされるのではと動揺していた。

そんな時、夏祭りの夜の、また犠牲者が出てしまう。今度の犠牲者ははたして誰なのだろうか・・・

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料トライアルをお試しください。

Huluの詳細はこちらHulu【公式】無料トライアルはこちら