「あなたの番です」第6話のあらすじ

anatanobandesu_arasuji_no6

HULUでオリジナルでオリジナルストーリー「扉の向こう」を独占配信です。まずは無料トライアル登録で準備しましょう。

anatanobandesu_tobiranomukou 「あなたの番です」Huluオリジナルストーリー「扉の向こう」

「あなたの番です」のファンの方にはおすすめですよ
登録は簡単、解約も簡単 まずは詳細をご覧ください。
↓↓↓

日テレドラマ

「あなたの番です」第6話のあらすじと見どころ

久住役(袴田吉彦)が交換殺人ゲームで引いた紙に書かれていた名前は“細川朝男”。
ゲームのルールだと久住が朝男役(野間口徹)を殺す番です。 菜奈役(原田知世)は久住に、“細川朝男”と書いたのは自分だと告げ「殺さないでください。もし誰かに脅されたら相談してください」と頼む。

自分が交換殺人ゲームで朝男の名を書いて、それを久住が引いたことを菜奈は翔太役(田中圭)に説明。そして、朝男との関係を打ち明ける。その事実を聞かされた翔太ははショックを受けることに・・・

一方、”あなたの番です”と書かれた紙を受け取る久住。
そして、事件当時のアリバイがない浮田(田中要次)を疑い始めていた、赤池夫妻殺害事件を捜査する神谷役(浅香航大)と水城役(皆川猿時)。

102号室の児嶋佳世役(片岡礼子)は、夫・俊明役(坪倉由幸)との関係が冷え切り、追い詰められている。 菜奈、翔太、早苗役(木村多江)、黒島役(西野七瀬)、久住は、ゲーム参加者が書いた名前を引いた紙に書かれた名前をお互いに把握しておいた方がいいと考える始める。
そして、菜奈と翔太は、殺人の連鎖を止めようと動き出しているが、2人の思いとは裏腹に、またしても犠牲者が出てします。

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料トライアルをお試しください。

Huluの詳細はこちらHulu【公式】無料トライアルはこちら