「監察医 朝顔」第3話のあらすじ

asagao_arasuji_03wa

「監察医 朝顔」は
  FOD PREMIUMで配信。

他にも
おもにフジテレビで放送されたドラマや動画
動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!

今なら初回2週間無料トライアルがおすすめ

登録も簡単

登録はこちらから
↓↓↓
FODプレミアム

 

注意
情報は2020年11月2日現在のものです。詳しくはFOD公式サイトをご確認ください。

「監察医 朝顔」第3話の見どころ

恋人の桑原(風間俊介)からプロポーズされた朝顔(上野樹里)だった。
そんな時、ふたりの関係を察していた父の平(時任三郎)は、交際にはよく思っていなかった。

そして、平はある日の朝に朝顔と話すことを避けるようにして、いつもより早く出かけようとする。平の気づいた朝顔は玄関まで追いかける。そんな時、火災が発生して多数の死傷者が出たという連絡が入った。

桑原は平と現場を訪れた。係長の山倉(戸次重幸)から署に戻るよう平は指示された。桑原が平らに命じられたのは、野毛山署に設置される捜査本部の設営準備だった。

興雲大学の法医学教室を訪れた平たち。現場の出入り口を映した防犯カメラの映像を朝顔らに見せる。5人の男がビルに入っていく姿がそこには映っていた。発見されたのは5体のしたいではなく4体の焼死体で、ひとりの遺体はなかった。そして、平が依頼したのは遺体を調べて、部屋に誰がいて誰がいなかったのかを特定してほしい内容だった。

朝顔は、藤堂(板尾創路)や絵美(平岩紙)らとともに、1体ずつ遺体の解剖を行って行った。

そして出た結果はいったどんな結果だったのでしょうか?

もう一度見たい方、登録は簡単。

Amazon Payで、
今なら初回2週間無料トライアルがおすすめ。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら