「パーフェクトワールド」第3話のあらすじ

perfectworld_midokoro_no03wa

もう一度見たい方は、
今なら1ヶ月無料で見れますよ。

FODの公式 無料視聴はこちら

パークフェクトワールドファンのみなさん
是非無料トライアルでお試しください。
おすすめですよ
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

パーフェクトワールド 第3話のあらすじと見どころ

樹(松坂桃李)と付き合っている つぐみ(山本美月)のことを知った父・元久(松重豊)は大激怒した。
一方、葵(中村ゆり)はつぐみにまさかの宣戦布告をする。

一度はつぐみの想いを拒絶した樹(松坂桃李)だった。
しかし、つぐみはすべてを受け入れると覚悟を決めていた。そして樹は恋愛をもう一度してみようと思い直すのだった。

晴れて付き合うことになった2人は、恋人らしいデートを重ねる。その一方で、つぐみにプロポーズすることまで考えていた洋貴(瀬戸康史)だったが、つぐみを祝福するが、内心ではショックを受けていた。

ゴールデンウィークを迎えて、つぐみとしおりは樹の車で長野へ帰ることとなった。
実家に到着すると、つぐみの父、元久と鉢合わせ。
そして樹は窓を開けてきちんとあいさつするが、元久は車から降りなかった樹を礼儀知らず伝える。
その言葉に対してつぐみは思わず、樹が車いすに乗っていることや、最近付き合い始めたことを父に伝えるのであった。予想通り元久は大激怒し、母の咲子(堀内敬子)もまた、つぐみの将来を心配するのであった。

翌日、樹とつぐみは美姫(水沢エレナ)に呼び出されて公園のカフェで同級生4人は懐かしい話に花を咲かせる。
しかし父のことが気になり、つぐみは元気がなかった。

そして、東京へ帰ってくると樹の部屋にいたヘルパーの葵(中村ゆり)は、つぐみに付き合う覚悟ができているのか強く詰め寄るのであった。

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら