「ラジエーションハウス」第6話のあらすじ

01raji_arasuji_midokoro_no06wa

なな

もう一度見たい方、見逃した方は、いまなら1ヶ月無料 で見れますよ。

登録も、解約も簡単

FODの無料視聴(公式)はこちら

 「ラジエーションハウス 」ファンの方に是非FODのサービスがおすすめです。
まずは、無料のトライアルでご確認して見てください。(*゚▽゚)
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

「ラジエーションハウス」第6話のあらすじと見どころ

杏(本田翼)と辻村(鈴木伸之)がある小説の話で盛り上がっているところを目撃した唯織(窪田正孝)。
鏑木(浅野和之)が取材協力した医療小説だった。気になるは唯織その小説を読み始める。

その頃、鏑木は、院長の渚(和久井映見)に会い、唯織の行為は放射線技師の役割を超ている部分があり、医師法に抵触する可能性があると告げる。 それに対して「唯織は技師としての所見を述べているだけ」 と返す渚。 そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得た。 鏑木は、軒下(浜野謙太)に接触し、唯織の行動を監視するよう命じたのだった。

そんな時、公園の手すりから落下し、腹部を強く打った女の子・沙里が救急搬送されて来た。 CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かしながら治療するIVR(画像下治療)による止血を提案したのだった。 裕乃(広瀬アリス)達も沙里への負担が少ないIVRをするものと思っている しかし鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じたのだった。

はたして、手術方法はどうするのでしょうか?
そしてその結果は。

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら