「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第6話のあらすじ

shinrokuro_06wa

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
今まで全話はHULUで配信中です。

毎週日曜 テレビ放送後に配信/最終話テレビ放送後に

Hulu オリジナルストーリー配信

お見逃しなく  ^ ^

Hulu では
他にも今季おすすめのドラマや、映画も見れますよ。
とりあえず、無料トライアルを体験をおすすめいたします。

登録は簡単、解約も簡単 まずは詳細をご覧ください。
↓↓↓
日テレドラマ

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第6話のあらすじと見どころ

浜口死刑囚を殺害した容疑でミスパンダが指名手配された。それと同時に飼育員さんも警察に追われる。
ミスパンダと飼育員さんに誰かがなりすまして殺人を犯していたのだ。直輝(横浜流星)は偽のミスパンダと飼育員さんを突き止めなくてはならない状況になったのだ。そしてMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、今の関係を断つと直輝に告げ、そしてミスパンダの殺処分を命じるのだった。

レン(清野菜名)は門田(山崎樹範)が殺されて、大きなショックを受けていた。春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)は、そんなレンを心配していた。そして直輝はレンから、“助けてください”というメールを受けるのだった。

神代(要潤)は、以前あったショッピングモール爆破事件で弟を亡くした遺族・陽一(結木滉星)と恭子(三倉茉奈)を訪ねていた。神代は「浜口が殺されてどう思いました?」と訪ねた。すると陽一は「浜口を殺してくれたミスパンダには感謝しています」と答えたのだった。

じつは陽一と恭子には、浜口が殺害された時間にアリバイがなかった。
そしてミスパンダへの世間のバッシングが高まってしまう。直輝は警察から逃げながら、偽ミスパンダと偽飼育員さんが誰なのかを探っていた。

神代から情報を得た直輝。陽一と恭子に対する疑いが深まり「人殺ししましたよね?」と彼らに追求をする。そして、レンのもとに、あずさ(白石聖)が訪ねてくる。あずさはレンに直輝との関係を問い詰めるのだった。
そんな中、ミスパンダが逮捕されたというニュースが流れたのだった。はたして今後の展開はどうなっていくのでしょうか。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第6話の動画Youtube

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料トライアルをお試しください。

Huluの詳細はこちらHulu【公式】無料トライアルはこちら