「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第7話のあらすじ

shinrokuro_07wa

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
今まで全話はHULUで配信中です。

Huluオリジナルストーリー配信も配信中です

お見逃しなく  ^ ^

Hulu では
他にも今季おすすめのドラマや、映画も見れますよ。
とりあえず、無料トライアルを体験をおすすめいたします。

登録は簡単、解約も簡単 まずは詳細をご覧ください。
↓↓↓
日テレドラマ

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第7話のあらすじと見どころ

リコ(清野菜名)はレンとして生きていた。そして眠っていたリコ自身の意識を取り戻してきた。
自分がパンダの姿をしている事情をリコは理解できずに混乱していた。リコに、ミスパンダが生まれた経緯を直輝(横浜流星)は話す。さらに、リコは門田(山崎樹範)が殺されたと聞かされてショックを受ける。リコにとって、門田は恩人だったのだ。直輝は、門田を殺した犯人を見つけてほしいというリコの願いを聞き入れ、彼女に催眠をかけることに。再びリコは眠りにつき、レンが戻るのだった。

直輝は、門田の自宅に潜入。それは門田を殺した犯人を突き止めるためだった。
門田の書斎には、激しく争った形跡・・・しかし犯人につながる手がかりは見つけることができない。
そんなとき神代(要潤)は、あずさ(白石聖)が8年前にコアラのマスクをかぶった男の誘拐される事件について調べている。あずさは発見されたものの、コアラ男は逃亡し、未だに逮捕されていないのだ。そして当時、捜査した刑事が哲也(田中圭)だった。神代は、あずさの父、佐島(佐藤二朗)が、この事件に関わっているのではないかと考えていた。

リコは、ミスパンダとして直輝に呼び出される。そして、直輝は門田を殺した犯人にたどり着いていた。
ミスパンダとなったリコは直輝に導かれ犯人の正体に迫っていく。

はたして、その犯人は一体誰なのだろうか・・・。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第7話の動画Youtube

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料トライアルをお試しください。

Huluの詳細はこちらHulu【公式】無料トライアルはこちら