「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第4話のあらすじ

shinrokuro_04wa

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHULUで配信
登録は簡単、解約も簡単 まずは詳細をご覧ください。
↓↓↓hulu

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第4話のあらすじと見どころ

10年前の火事にまつわるレン(清野菜名)とリコの秘密。そのことを直輝(横浜流星)は門田(山崎樹範)からを聞くこととなる。
そんなとき、レンは、直輝に好かれるようになるため、囲碁棋士の日本一になると決意するのだった。

そんな中、楓(吉田美月喜)が通う中学校でさわぎが起こる。同級生の涼介を人質にとって、3年生の翔太が、屋内プールに立てこもったのだった。

涼介からのいじめで自殺しようとした翔太に対し、涼介は翔太へのいじめを認めていない。そして翔太はミスパンダを呼んで、どちらが真実かシロクロつけてもらいたいと求めたのだった。そしてミスパンダが来なければ涼介をプールに沈めると脅迫するのだった。

しかし校長は記者会見を行ったがいじめを否定する。会見中、同席していたスクールカウンセラーの春香が学校側の嘘を指摘しようとしたが、止められるのだった。そして、会見後学校側からマスコミに向けて取材自粛要請が出されることになった。

時間が刻々と過ぎていき緊迫していく。
涼介が助けを求めて声を上げ、そして翔太はいら立って今にも彼をプールに沈めようとする。その様子を見ていた楓、ミスパンダの動画チャンネルに対して「早く来て!」とメッセージを送るり願うのだった。直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に、翔太がミスパンダを呼んでいることを伝えたが、なぜかMr.ノーコンプライアンスはミスパンダの召喚を許可しな位のだった。

そしてミスパンダが現れないまま、翔太が指定した期限が迫るのだった。はたして今回の事件、どのように解決するのでしょうか。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第4話の動画Youtube

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料トライアルをお試しください。

Huluの詳細はこちらHulu【公式】無料トライアルはこちら