「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第8話のあらすじ

shinrokuro_08wa

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
今まで全話はHULUで配信中です。

Huluオリジナルストーリー配信も配信中です

お見逃しなく  ^ ^

Hulu では
他にも今季おすすめのドラマや、映画も見れますよ。
とりあえず、無料トライアルを体験をおすすめいたします。

登録は簡単、解約も簡単 まずは詳細をご覧ください。
↓↓↓
日テレドラマ

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第8話のあらすじと見どころ

8年前のあずさ(白石聖)誘拐事件の犯人・コアラ男が哲也(田中圭)と断定するという報道が流れた。
それに対して激しく動揺する直輝(横浜流星)だった。
その報道は、神代(要潤)によるものだった。直輝は、そしてガセネタを流したことに対して神代に詰め寄る。神代の答えは、佐島(佐藤二朗)から哲也がコアラ男であると聞いたとのことだった。神代は、哲也が犯行を告白する遺書の写しを佐島から預かっていた。
直輝は佐島に「あなたが父を殺したんじゃないですか?」と迫ったが、自分でシロクロをつければいいと直輝を挑発してきたのだった。

麻衣子(山口紗弥加)が門田(山崎樹範)を殺したことを聞き、苦しむレン(清野菜名)。そして拘置所で麻衣子と対面した。すると麻衣子はレンに、今すぐ直輝を殺すようにと言う。

直輝は、哲也が遺したUSBの中の動画を見返していた。その中の1つにパスワードでロックのかかった動画があり、きっとそこに重要な証拠が隠されていると考え、パスワードを探すことにした。

あずさは、直輝が自分に近付いたのは父を殺した犯人を突き止めるためだったのではないかと疑惑を抱き始めていた。そして本当のことを確かめるために直輝を呼び出すことに・・・。直輝は、近付いたのは利用するためだったと伝える。

その頃、レンは、麻衣子の言葉に苦しんでいた。そんなとき、レンの前に直輝が現れたのだった。はたして、二人の関係は今後どのように展開するのか。 そして事件解決に近づいていくのか。ますます目が離せなくなってきました。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第8話の動画Youtube

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料トライアルをお試しください。

Huluの詳細はこちらHulu【公式】無料トライアルはこちら