「まだ結婚できない男」第6話あらすじ

madakekkon_06wa

「まだ結婚できない男」を見るならFOD
今なら無料トライアルを実施中です

登録も簡単です
お試しで、いろいろなドラマや、独占配信もたくさんありますよ。
是非お試しください(*゚▽゚*)

FODプレミアム

「まだ結婚できない男」ファンの方、

FODの配信サービスがおすすめです。

FODプレミアムの詳細情報

\お待ちかねの秋ドラマがたくさん 秋の夜長はドラマ ですね☺/

2019_autumn_list 2019年秋ドラマ一覧

「まだ結婚できない男」第6話のあらすじと見どころ

“やっくん”の正体がついに判明か! そして桑野(阿部寛)が直接対決!?
さらに、いとこの亮介の上京を機に、まどか(吉田羊)の過去が明らかににっていく!

“やっくんのブログ”が桑野(阿部寛)を悩ませる。検索ランキングはとうとう3位に浮上した。
正体が分からないまま1位になる日も近いと焦る桑野だった。そんな思いをまどか(吉田羊)にいら立ちをぶつける。
いつものように二人で言い争っていると、そこへまどかのいとこ・亮介(磯村勇斗)が現れる。
亮介は弁護士を目指して勉強中。忙しいまどかを手伝うために長野から上京してきたのだった。
しかし、同じく弁護士のまどかの母から、まどかが地元に戻らない理由を探ってくるようにと頼まれて来ていたのだった。

まどかは亮介を連れて有希江(稲森いずみ)の店に向かうと、間が悪いことに、そこには桑野がいた。まどかの話を聞いた桑野は黙っていられず、いつものように皮肉を連発してまどかを怒らせるのだった。
そんな時、同じジムに通う薬丸(デビット伊東)が“やっくん”ではないかとにらんでいた桑野。英治(塚本高史)の手を借りて証拠集めをする。そして、疑惑は確信へと変わった桑野、とうとうジムのサウナで薬丸を追いつめていくのだった。はたして真相はどうなのでしょうか?

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら