「まだ結婚できない男」第4話あらすじ

madakekkon_04wa

「まだ結婚できない男」を見るならFOD
今なら無料トライアルを実施中です

登録も簡単です
お試しで、いろいろなドラマや、独占配信もたくさんありますよ。
是非お試しください(*゚▽゚*)

FODプレミアム

「まだ結婚できない男」ファンの方、

FODの配信サービスがおすすめです。

FODプレミアムの詳細情報

\お待ちかねの秋ドラマがたくさん 秋の夜長はドラマ ですね☺/

2019_autumn_list 2019年秋ドラマ一覧

「まだ結婚できない男」第4話のあらすじと見どころ

桑野(阿部寛)は母・育代(草笛光子)と久々に同居することになる。
自由な一人活がなくなってしまった桑野はストレスが溜まってくる。

育代は水漏れした自宅から避難し、娘の圭子(三浦理恵子)の家に泊まっていたが、ささいなことで圭子とケンカをして桑野(阿部寛)の部屋に転がり込んできたのだ。部屋に人を入れない主義の息子のことなどお構いなしの母親を何とか追い返したい。桑野は、仮住まいを用意させるべく、水漏れの原因を作ったリフォーム会社と交渉してほしく思い、育代を連れまどか(吉田羊)に依頼しに行く。

その後、まどかから有希江(稲森いずみ)を紹介され、英治(塚本高史)とも久しぶりに再会した育代だった。
まどかに、息子のまわりにたくさんの人がいて安心したと言う。母親の愛情を感じ、桑野の母子関係にどこかうらやましさを感じたまどかだった。「お母さんといると、自分の母親といるより落ち着きます」と、育代にある悩みを打ち明けることになる。

一方、桑野の元には圭子から電話がきた。
意地を張って素直になれない圭子は、数日後に誕生日を迎える育代のために、今年は自分に代わって桑野に誕生日会を開いてほしいという。そして、プレゼントを渡すよう命じられ、困り果てた桑野は、まどかに相談しに行くことにした。

はたして、まどかは桑野にどんなアドバイスをしてくれるのか?そして二人の関係は進展して行くのでしょうか?_

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら