「パーフェクトワールド」第6話のあらすじ

perfectworld_midokoro_no06wa

もう一度見たい方は、
今なら1ヶ月無料で見れますよ。

FODの公式 無料視聴はこちら

パークフェクトワールドファンのみなさん
是非無料トライアルでお試しください。
おすすめですよ
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

パーフェクトワールド 第6話のあらすじと見どころ

娘の幸せを願う元久(松重豊)のある言葉をきっかけに、つぐみ(山本美月)との未来について改めて考えた樹(松坂桃李)。
このまま一緒にいても、自分ではつぐみを幸せにすることができるのか?
悩んだ末に樹が出した答えは“別れ”だった。

樹に突然の別れを告げられて、落ち込んで帰宅したつぐみ。
その後、しおり(岡崎紗絵)と洋貴(瀬戸康史)とともに急いで松本へ向かい、これを機につぐみは、まだ心に残っている樹への想いを断ち切ることを決意した。

洋貴は、そんなつぐみのに対して改めて想いを告げる。

一方、樹はつぐみへの想いを捨てきれずにいた。

そんなある日、つぐみが東京から去ることを聞いた樹は、二度と会えなくなるかもしれないと思い、急いで高速バスの乗り場へ向かう。

そしてその結末は!

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら