「ラジエーションハウス」第10話のあらすじ

01raji_arasuji_midokoro_no10wa

なな

もう一度見たい方、見逃した方は、いまなら1ヶ月無料 で見れますよ。

登録も、解約も簡単

FODの無料視聴(公式)はこちら

 「ラジエーションハウス 」ファンの方に是非FODのサービスがおすすめです。
まずは、無料のトライアルでご確認して見てください。(*゚▽゚)
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

「ラジエーションハウス」第10話のあらすじと見どころ

放射線科の世界的権威であるピレス教授(Dutch)から唯織(窪田正孝)のもとにメッセージが届いた。ピレスは人工知能を使った読影補助ソフトを開発することになり、開発メンバーとして唯織に入ってもらいたいというのだ。

鏑木(浅野和之)は、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)からある系列病院の院長として迎えられることを家族に報告した。妻の聡子(梅沢昌代)と娘の加奈子(丸川ゆい)に、待遇もよくなることから海外旅行を提案する。

そんななか、杏(本田翼)の父親で、元院長の正一(佐戸井けん太)が突然現れる。正一はうつ病の状態担っていたのだ。

そのころ、辻村は、嶋田茜(西原亜希)の1歳8ヵ月になる息子を診察をしていた。
骨折の疑いでレントゲン検査のオーダーを受けた裕乃(広瀬アリス)は、赤ちゃんの検査にはあまり自信がなく、軒下(浜野謙太)に助言をお願いするのだった。たまきは3ヵ月前にも腕の骨骨折の疑いで検査をしたことを思い出した。検査の結果では、光は鎖骨を骨折していて虐待が疑われた。

そんなころ鏑木は、院長の渚(和久井映見)に辞表を提出したのだった。
そして椅子に座っていた正一に気づき、正一も鏑木に挨拶しようとしたそのとき、突然の頭痛に襲われてしまうのだった。

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら