「パーフェクトワールド」第7話のあらすじ

perfectworld_midokoro_no07wa

もう一度見たい方は、
今なら1ヶ月無料で見れますよ。

FODの公式 無料視聴はこちら

パークフェクトワールドファンのみなさん
是非無料トライアルでお試しください。
おすすめですよ
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

パーフェクトワールド 第7話のあらすじと見どころ

つぐみ(山本美月)は松本に戻って3カ月、インテリアコーディネーターとして働きながら、実家で穏やかに暮らしていた。そして父・元久(松重豊)も少しずつ元気を取り戻していた。

そんなある日、洋貴(瀬戸康史)はつぐみをデートに誘い、そしてプロポーズする。
つぐみも洋貴の想いを受け入れ、結婚を前向きに考えようとしていた。
2人の会話を、偶然通りかかった樹(松坂桃李)が見てしまった。

ある日、つぐみは、東京ので久々に樹とと会うことに。二人の間に気まずい空気が流れる。
しかし、つぐみは、松本で出会ったシェフの高木圭吾(山中崇)と車いすで生活する妻・楓(紺野まひる)のために、なんとか樹の力を貸してほしいとお願いをする。

実は圭吾は、バリアフリーの家を建てたい考えていたのだが、樹に相談しても断られていた。
一方、楓はマイホームを持つことが夢だったものの素直に喜べずにいた。

つぐみは、洋貴には「樹と会った」と言えず、心が痛む。
しかし、洋貴は樹からの連絡で2人の再会を知っていたのだ。焦る洋貴は、「結婚のこと、考えてくれた?」とつぐみにプロポーズの返事を急かしてしまうことに。

一方、樹に想いを打ち明けた葵(中村ゆり)だが、圭吾の件でつぐみと会ったと話す樹を見て、顔をこわばらせてしまう。それに気づいた樹の思いは・・・。

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら