「パーフェクトワールド」第1話のあらすじ

perfectworld_midokoro_no01wa

もう一度見たい方は、
今なら1ヶ月無料で見れますよ。

FODの無料視聴はこちら

恋神アプリ ボラカイ島編

パーフェクトワールド 第1話のあらすじと見どころ

恋をあきらめた鮎川樹(松坂桃李)と、初恋相手への恋心がよみがえる川奈つぐみ(山本美月)の愛の物語 。

12年ぶりの再会は偶然かそれとも運命なのか。
学生時代、イラストレーターを夢見ていた川奈つぐみ(山本美月)は東京の大学へ進学したが、卒業後も長野へは帰らず、今は大学生の妹・しおり(岡崎紗絵)と暮らしながら、インテリアデザイン会社で勤務している。

ある日、上司の東美千代(とよた真帆)から、設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれたつぐみ。そこには、高校の同級生で、初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)の姿があった。
樹は学生時代からの夢だった建築士として働いていた。 偶然の再会に喜ぶつぐみは、バスケ部のキャプテンとして活躍していた高校時代の樹の話を一同に話す。
そして「もうバスケはやってないの?」と何気なく尋ねる。
しかしその瞬間、樹が車いすに乗る姿を見て驚く。実は、樹は大学時代に事故で歩けなくなっていたのだ。

翌日、つぐみは無神経な発言で樹を傷つけてしまったと悔やみ、職場まで謝りに行く。そして樹は坂の上の公園に連れ出した。 そこで不自由な体以外は、かつての情熱的な樹のままだと気づく。
そして、つぐみが一人で行く予定だった美術展に、樹もいっしょに行くことになった。

約束の日、つぐみのマンションに、つぐみと樹の同級生で、アプリ制作会社の社長・是枝洋貴(瀬戸康史)が訪ねて行く。 洋貴は高校時代から密かにつぐみに想いを寄せていたのだ。
つぐみはデートのような状況を楽しむというより、車いすで外出することの大変さに気づくのだった。
さらに、事故がきっかけで高校からの恋人・雪村美姫(水沢エレナ)と別れていて、もう誰とも恋愛する気はないという樹の言葉にショックを受けるのであった。

そんな時、樹の元には美姫から結婚式の招待状が届いていた。 留守電には、結婚式の前にもう一度だけ会いたいというメッセージが。

高校の同級生たちの関係、少しずつ動き始めたのでした。

 

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら