「やめるときも、すこやかなるときも」第2話のあらすじ

yamerutokimo_02wa

シンドラファンの方へ
無料トライアルの登録は簡単でオススメですよ
↓↓↓

Hulu【公式】無料トライアル詳細はこちら

「やめるときも、すこやかなるときも」 第2話のあらすじと見どころ

桜子(奈緒)は声が出なくなった壱晴(藤ヶ谷太輔)を心配して工房の様子を見にきていた。
壱晴を探していると「壱晴の彼女のひとり?」と佐藤哲(火野正平)から声をかけられる。壱晴が買い出しから戻ってくると、今朝から声が出るようになったで安心する桜子だった。二人は哲先生のすすめで一緒に昼食を食べることになった。

そして声が出なくなる症状が10年以上前から起こっていると知るのだった。苦しそうな表情で話す壱晴を前に衝動的に「今度お酒でもどうですか?」と誘う桜子。あまりにも軽い返答の壱晴。それで桜子は、家に来ないかと約束を取り付けるのだった。

週末、桜子の家に来た壱晴。家に招き入れて浮かれ気分の桜子。そこに仕事に出かけていたはずの父・本橋勝己(遠山俊也)が帰って来て来るのだった。

はたして、父親は反応はどんな反応をするのだろうか。

「やめるときも、すこやかなるときも」 第2話の動画(Youtube)


もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

Hulu詳細はこちらHulu【公式】無料トライアルはこちら