「ラジエーションハウス」特別編のあらすじ

01raji_arasuji_midokoro_tokubetsuhen

なな

もう一度見たい方、見逃した方は、いまなら1ヶ月無料 で見れますよ。

登録も、解約も簡単

FODの無料視聴(公式)はこちら

 「ラジエーションハウス 」ファンの方に是非FODのサービスがおすすめです。
まずは、無料のトライアルでご確認して見てください。(*゚▽゚)
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

「ラジエーションハウス」特別編のあらすじと見どころ

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)との“新しい約束”の「戻ってきてください」を胸に、みんなと別れを告げてアメリカへと旅立ったのだった。
機内で写真を見ていたときに「いい写真だね」と声をかけられたのだ。
声を掛けてきたのは、世界的な写真家の菊島亨(イッセー尾形)だった。
唯織は、以前、菊島の頭痛の原因を突き止め助けたのだった。菊島は、流星群の撮影の為にサンフランシスコ経由でアラスカに向かっているところだったのだ。

その頃ころ、甘春総合病院には、高校野球部の平山良平(前田旺志郎)がやってきた。
良平は右ヒジの痛みを訴えていた為小野寺(遠藤憲一)レントゲン検査を始めた。
軒下は(浜野謙太)は、良平が将来有望な投手だと知った為、裕乃(広瀬アリス)にサインをもらってくるよう指示する。

菊島は、唯織が告白できないまま、またお別れしてしまったことを知って憐みの目を向ける。
そんなとき、外国人の男性が機内で突然苦しみ出したのだ。医療関係者を探すCAアナウンスがあった。
そこには乗り合わせていた東和医大の内科医・黒川守(中島歩)がいて、男性の元へと向かう。
男性は、発作を起こしているため、黒川の質問にも答えられないほどだった。

その様子をつぶさに観察していた唯織は、男性の腹部に発赤があることに気づくいたのだった。

はたして男性が苦しんでいた原因はなんだったのでしょうか。

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら