「ラジエーションハウス」第8話のあらすじ

01raji_arasuji_midokoro_no08wa

なな

もう一度見たい方、見逃した方は、いまなら1ヶ月無料 で見れますよ。

登録も、解約も簡単

FODの無料視聴(公式)はこちら

 「ラジエーションハウス 」ファンの方に是非FODのサービスがおすすめです。
まずは、無料のトライアルでご確認して見てください。(*゚▽゚)
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

「ラジエーションハウス」第8話のあらすじと見どころ

けいれん発作で魚谷久美(稲垣来泉)という少女が甘春総合病院に救急搬送されてきた。唯織(窪田正孝)らは、CT検査を行った。しかし異常は見られなかった。
後にMRI検査を行ったところ、二相性急性脳症の特徴的な所見であることがわかり、脳が木の枝のように光る「ブライトツリーアピアランス」が見られたため入院しての治療が行うこととなった。

久美への治療の効果を確認するため、杏(本田翼)は再度MRI検査を行うことにする。

唯織は杏が目も合わせてくれないことに気づきショックを受ける。たまき(山口紗弥加)、杏が唯織を気にしていると見抜いていた。

内科には腹部の痛みを訴えて若井陽子(佐藤めぐみ)が受診していた。
陽子は、アルバイトを抜け出して病院に駆けつけた夫の祐一(板橋駿谷)に、盲腸だと診断されたが「薬で散らせるから普通に働ける」と言って安心させる。

そんな折、MRI検査を受ける予定だった久美が突然けいれんを起こしてまう。

はたして久美が突然けいれんを起こしたその原因は一体なんだったのでしょう・・・。

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら