「ラジエーションハウス」第1話のあらすじ

01raji_arasuji_midokoro_no01wa

なな

もう一度見たい方、見逃した方は、いまなら1ヶ月無料 で見れますよ。

登録も、解約も簡単

FODの無料視聴(公式)はこちら

 「ラジエーションハウス 」ファンの方に是非FODのサービスがおすすめです。
まずは、無料のトライアルでご確認して見てください。(*゚▽゚)
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

「ラジエーションハウス」第1話のあらすじと見どころ

「写真には必ず真実が映る」と信じている放射線技師の五十嵐唯織(窪田正孝)。彼は、アメリカで最も権威ある放射線科医からその才能を認められた逸材なのです。
帰国後、幼なじみの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用される。 唯織はずっと杏に思いを寄せていたのです。 杏は、父親の跡を継いで医者になる夢を22年前、唯織に話していたのだった。
病気を見つけるには優秀なカメラマンが必要だから、世界一のカメラマンになって私のお手伝いをして欲しいの、と杏は唯織に話していた。

甘春総合病院の初出勤の日、唯織はバス病院へと向かう。
同じバスには、唯織とともに採用された新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)もたまたま同乗していた。
途中、バス運転手のわずかな異変に気づいた唯織は、救急車を呼ぶよう乗客に呼びかけた。 唯織は、救急隊員に、血管造影ができる病院へ搬送してくださいと指示をした。 運転手は甘春総合病院に搬送された。

受け入れたのは救急担当の整形外科医・辻村駿太郎(鈴木伸之)だ。 だが、運転手は自力で立てるほど元気だった。 甘春総合病院の放射線科は、科長兼診療部長の鏑木安富(浅野和之)のもと、数人のが放射線技師として働いている。 みんなの間では、唯織が病院長・大森渚(和久井映見)の隠し子ではないか、という噂も広まり出していた。

唯織は、バスの一件で遅刻してしまったが、やっと念願の杏と再会を果たしたのだった。
ところが杏は、唯織のことなどまったく覚えていないためショックを受けてしまった。 そこへ、前夜、河川敷で出会い、親しくなった菊島亨(イッセー尾形)が甘春総合病院に搬送されて来たのだった。 菊島は世界的な写真家。頭痛を訴える菊島の頭部MRI検査を行った。
しかし、画像の左上が黒く抜けて欠損してしまっているため正確な診断ができず、頭部を開かないことには原因が特定できないという、状況に陥っていた。
唯織はなんとか、放射線で原因を特定できないか考えるのでした。

そして、その結果思いついたのが。

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら