「ラジエーションハウス」第5話のあらすじ

01raji_arasuji_midokoro_no05wa

登録も、解約も簡単

FODの無料トライアルはこちら

 「ラジエーションハウス 」ファンの方に是非FODのサービスがおすすめです。
まずは、無料のトライアルでご確認して見てください。(*゚▽゚)
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

「ラジエーションハウス」第5話のあらすじと見どころ

杏(本田翼)からあるCT画像について意見を求められた唯織(窪田正孝)。 画像を覗き込むとき、杏との距離が近ずき照れてしまう。

ある時、裕乃(広瀬アリス)は、威能(丸山智己)が遺体の画像を見ていたことに驚いてしまうが、実は威能は、遺体の死因を究明するオートプシー・イメージング(通称『Ai』と呼ばれる)死亡時画像診断のスペシャリストだったのだった。
鏑木(浅野和之)は、放射線科の受診患者増加などを理由に、Aiの受け入れを最小限にとどめようとしていた。しかし、院長の渚(和久井映見)は、Aiと解剖を組み合わせることは未来にとって必要だと思っていた。

そんなとき、ラジエーションハウスに、公園で死亡してた少年・藤本直樹(南出凌嘉)のAi依頼が届いた。 第一発見者はキャッチボールしていたという弟の雄太(斎藤汰鷹)。 救急の通報をしたのは、近所に住む少年・山村肇(小林喜日)だった。 辻村(鈴木伸之)は、心臓の近くに擦過傷が見られたことから、心臓震盪の可能性に言及していた。
直樹は、上に向かってボールを投げてそれをキャッチしていた、という目撃情報もあったのだ。 しかし、直樹の父母、勝彦(三浦誠己)と歩美(森脇英理子)は、小野寺(遠藤憲一)らの説得に応じず、Aiを拒否するのだった。 周りの人は虐待死を隠ぺいしようしているのでは?と疑い始め他のだった。

はたしてその真相は?

 

FODの無料トライアルはこちらFODプレミアム【公式】はこちら