「監察医 朝顔」第2話のあらすじ

asagao_arasuji_02wa

なな

もう一度見たい方、見逃した方は、いまなら1ヶ月無料 で見れますよ。

「監察医 朝顔 」ファンの方、

FODの配信サービスがおすすめです。

他のドラマもたくさん見れます。

FODプレミアムの詳細情報

「監察医 朝顔」をもう一度見たい方は

今ならFODプレミアムの無料トライアル がおすすめです

無料期間終了する前に 是非お試しください

FODプレミアム

今期のドラマは
面白いドラマがいっぱい(*゚▽゚)ノ

201907_drama_list 2019年7月期(夏ドラマ)一覧

「監察医 朝顔」第2話の見どころ

興雲大学の法医学教室に、医学部生・安岡光子(志田未来)がアルバイトしたいとやってくる。高橋(中尾明慶)や絵美(平岩紙)、藤堂(板尾創路)たちは、おそらくは時給を目当てで応募してきた光子に不満を持っていた。しかし主任教授の茶子(山口智子)は、そんな光子をなぜか気に入って採用することとなった。

時を同じくして、野毛山署強行犯係の平(時任三郎)と桑原(風間俊介)は、繁華街の路地裏で男性の死体が発見されたという知らせを受けて現場に向かっていた。
男は、なぜか財布やスマートフォンなど、身元の手掛かりになるものは何も持っていなかった。検視官の伊東(三宅弘城)は、司法解剖をしてもらった方が良いと告げる。そして平は、興雲大学の法医学教室へと向かうよう桑原に指示し、現場周辺の捜査を始めた。

連絡を受けた茶子、そして朝顔にもサポートをするよう指示する。しばらくすると、遺体が運びこまれてきた。藤堂と朝顔が丁寧に調べていくと、その最中に光子は記録用に写真を撮っていのだが、あまりの光景に意識を失って倒れてしまう。そんな光子を部屋の外に移して解剖を続けた朝顔たちだったが、衝撃の事実を知ることとなった。それは、この男性が30℃以上もあった暑さの中でなぜか凍死していたのだった。

はたして、その真相はなんだったのでしょうか?

「監察医 朝顔」第2話のダイジェスト

 

 

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら