「ラジエーションハウス」第7話のあらすじ

01raji_arasuji_midokoro_no07wa

なな

もう一度見たい方、見逃した方は、いまなら1ヶ月無料 で見れますよ。

登録も、解約も簡単

FODの無料視聴(公式)はこちら

 「ラジエーションハウス 」ファンの方に是非FODのサービスがおすすめです。
まずは、無料のトライアルでご確認して見てください。(*゚▽゚)
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

「ラジエーションハウス」第7話のあらすじと見どころ

ラジエーションハウスのメンバーは唯織(窪田正孝)がきてから少しずつ変わり始めていた。
ある日、初めてひとりで当直をすることになった裕乃(広瀬アリス)。
さらに緊急待機するオンコール担当は軒下(浜野謙太)のため不安に思っていた。

そんなとき、乳腺外科には、軒下と中学時代の同級生だった蛭田真貴(松本若菜)と志朗(篠原篤)の夫妻がやってきた。

人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかったため、精密検査を受けに来たのだった。
軒下と再会した真貴は、彼が卒業アルバムに将来の夢は医者と書いていたのを覚えていた。
じつは初恋の相手だった真貴、彼女に「夢を叶えたんだね」と言われ、本当のことが言えない軒下であった。。

真貴のマンモ画像を読影した杏(本田翼)は、唯織にも意見を求めていた。
悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断をした。
それを見ていた鏑木(浅野和之)は、杏は技師に甘えていると指摘をする。

再検査は2ヵ月後になると知った志朗は早められないかと軒下に泣きつく。
しかし、特別扱いはできないと答えるしかない軒下。
それでも諦めきれない志朗は、通りかかった唯織に声をかけた。
真貴は自分の人生のすべてという志朗の言葉に強く共感した唯織だった。

鏑木の言葉を思い出した杏、そしてその判断・・・。

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら