「ラジエーションハウス」第2話のあらすじ

01raji_arasuji_midokoro_no02wa

なな

もう一度見たい方、見逃した方は、いまなら1ヶ月無料 で見れますよ。

登録も、解約も簡単

FODの無料視聴(公式)はこちら

 「ラジエーションハウス 」ファンの方に是非FODのサービスがおすすめです。
まずは、無料のトライアルでご確認して見てください。(*゚▽゚)
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

「ラジエーションハウス」第1話のあらすじと見どころ

唯織(窪田正孝)は、放射線科医として働く気はないのか、と甘春総合病院院長の渚(和久井映見)から聞かれる。
しかし唯織は、医師免許を取ったのはあくまでも放射線技師として働く上で病気について深く知った方が良いと思ったのが理由だと言って断ったのだった。
放射線科医とタッグを組めば最高の診断ができるはず、と続ける唯織。その思いを受け止めた渚は、技師として働く以上、他の人たちには医者であることがばれないように、と言われるのであった。 技師長の小野寺(遠藤憲一)は、妻から離婚を突きつけられていた。
しかしそれを拒否し続けていた。 健太郎のレントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。

その頃、唯織と裕乃(広瀬アリス)は、MRI検査中に携帯電話を手放してくれない富恵(宮田早苗)に困っていた。
富恵は閉所恐怖症であるため、携帯電話の愛犬の写真を見せて、一緒じゃなければ入れないと言い出した。 富恵は、威能(丸山智己)の機転によりMRI検査を終えることができたのだった。 ところが、富恵の愛犬が逃げてしまうトラブルが発生してしまった。 唯織は、後を追って無事捕獲したもが、犬を連れ去ったと疑われてしまい、部長の鏑木(浅野和之)から叱責されてしまう。
富恵は、鏑木が研究費を支援してもらっている金田製薬の会長夫人だった。

健太郎に会った杏は、成長痛のことを話し、心配しないよう伝える。 健太郎は母・美佐子(中越典子)に構ってほしくて大げさに痛がったことを打ち明けた。 検査を終えた健太郎は、美佐子とともに病院を出てバスを待っていた。 ところが今度は、美佐子が激しい腹痛に襲われて倒てしまったのであった。

はたしてその原因はなんだったのでしょうか?

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら