「パーフェクトワールド」第9話のあらすじ

perfectworld_midokoro_no09wa

もう一度見たい方は、
今なら1ヶ月無料で見れますよ。

FODの公式 無料視聴はこちら

パークフェクトワールドファンのみなさん
是非無料トライアルでお試しください。
おすすめですよ
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

パーフェクトワールド 第9話のあらすじと見どころ

地震で身動きが取れなくなってしまった樹(松坂桃李)は死を覚悟していた。
さいわいにも、つぐみ(山本美月)によって救出してもらい命の危機を脱することができた。
そんな状況でも、再びつぐみに会えたことに喜こぶ樹だった。

しかし、翌日東京から洋貴(瀬戸康史)や葵(中村ゆり)が駆けつけた時に、もう戻ることは許されないことを思い出す。そして、つぐみとの関係を諦めるために、高木夫妻のマイホームの担当は、同僚の沢田(池岡亮介)に引き継ぐことにしたのだった。しかし、地震で一度死を覚悟してから救われたことで、再び生きることへの執着”を感じ始めていた樹。それまで我慢していた思いを後悔を隠し切れなくなり、急いでつぐみの元へ向かうことにした。

ちょうどその頃、つぐみも、自分たちの人生に悔いはないという圭吾(山中崇)と楓(紺野まひる)の言葉を聞いて、いても立ってもいられなくなっていた。

自分の気持ちに嘘をつけなくなった樹とつぐみ。
周りの人を傷つけることを覚悟のうえ、洋貴と葵、そして家族にも、正直な気持ちを打ち明けることにしたのだった。

ところが、つぐみが会いに行くより一足先に、洋貴は樹の元を訪ね、静かに怒りをあらわにしていた。さらに、樹は葵に区切りをつけようと話を持ちかけるのだった。今の自分があるのは葵のおかげだと理解した上で、正直に胸の内を明かす樹だった。

しかし葵は樹の気持ちをさえぎるように食い下が流のだった。

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら