「パーフェクトワールド」第5話のあらすじ

perfectworld_midokoro_no05wa

もう一度見たい方は、
今なら1ヶ月無料で見れますよ。

FODの公式 無料視聴はこちら

パークフェクトワールドファンのみなさん
是非無料トライアルでお試しください。
おすすめですよ
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

パーフェクトワールド 第5話のあらすじと見どころ

つぐみ(山本美月)がホームから転落した。
恐れていた事態が起こってしまい、自分を責める樹(松坂桃李)だった。
事故のことを知ったつぐみの父・元久(松重豊)は、樹に会うことに。

車いすから懸命に手を伸ばすが届かず、線路に落ちていくつぐみをただ見ているしかできなかった樹(松坂桃李)。助けられなかったとで自分を責める。洋貴(瀬戸康史)からもつぐみが仕事をしながら、介護のセミナーに通っていたことや、身の回りの世話をするため樹のマンションに通っていた為疲れがたまっていたことを聞かされ、ショックを受ける。

しばらくして、松本から元久(松重豊)と咲子(堀内敬子)が駆けつけた。
娘が命の危険にさらされたことに憤りを隠せない元久。負い目を感じる樹にさらに剣幕で樹を責める。しかし謝罪することしかできない樹だった。

つぐみが両親の暮らす松本の病院で治療に専念すると聞いた樹は、転院前につぐみと話をしたいと考えるが、訪れた病院で、樹は元久と偶然再会。

そして、つぐみの幸せを願う元久が樹に伝えたこととははたして・・・。

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら