「パーフェクトワールド」第8話のあらすじ

perfectworld_midokoro_no08wa

もう一度見たい方は、
今なら1ヶ月無料で見れますよ。

FODの公式 無料視聴はこちら

パークフェクトワールドファンのみなさん
是非無料トライアルでお試しください。
おすすめですよ
↓↓↓

恋神アプリ ボラカイ島編

パーフェクトワールド 第8話のあらすじと見どころ

樹は高木圭吾(山中崇)と楓(紺野まひる)の夫婦の夢をどちらも叶える建てる家の設計を請け負うことになった。
つぐみ(山本美月)もまた、バリアフリーのモデルルームを見学できるように仕事関係者にかけ合っていた。
そんなとき、2人が一緒に仕事をすると聞いた葵(中村ゆり)は不安でいた。
そして松本で働くつぐみの元へ向かい、「樹くんと付き合うことになった」と嘘をついてけん制するのだった。それを聞いたつぐみは、樹のことを忘れることにする。
高校時代に描いた思い出の絵を捨ててしまったのだ。
樹もまた、つぐみが是枝(瀬戸康史)と結婚すると知り、エールを送るのだった。

地鎮祭の当日、つぐみは元久(松重豊)に、樹と一緒に仕事をしていることを打ち明けようとするのだったが、突然の強い揺れに襲われ、大きな地震が起きたのだった。
幸い、つぐみの家は被害が少なかったが、地鎮祭に参加するために松本にいた樹とは連絡がつかなくなっていた。
心配になったつぐみは、慌てて樹の元へ向かう。

その頃、東京で地震のニュースを知った洋貴。
つぐみから樹と連絡が取れないとことを聞き、松本へ向かうことに。葵の話によると、樹にとって何より心配なのは、排せつができないことで起きる尿毒症だ。
最悪の場合、死にいたることもあるのだった、そのことを聞き不安が募るつぐみだった。

それぞれが岐路に立たされ、それぞれの運命の行方はどうなるのでしょうか。

もう一度見たい方、登録は簡単、まずは1ヶ月の無料視聴をお試しください。

FOD無料視聴はこちらFODプレミアム【公式】はこちら