小栗旬さん主演ドラマ・日本沈没

n_chinbotsu

日本沈没 の放送日時

TBS系 日曜曜 21時放送 初回放送:2021年10月10日(日)(初回25分拡大)

日本沈没 のドラマ紹介

小栗旬主演のTBS日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(毎週日曜21時)が2021年10月クールに放送!
小栗旬さんが11年ぶりに日曜劇場の主演に帰ってきた!
小松左京のSF小説を2023年の東京に舞台を置き換えて実写化!

「日本沈没」を見るなら
こちらがおすすめですよ


日本沈没 のあらすじ

日本沈没 第1話のあらすじ

時は、2023年東京。

東山総理(仲村トオルさん)は、世界環境会議で地球物理学の権威である世良教授(國村隼さん)のもと「COMS<コムス>」のさらなる推進を高らかに表明していた。

そして官房長官の長沼周也(杉本哲太さん)が、東山が“未来の日本”を見据えて各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた“日本未来推進会議”を発足すると発表したのだった。
そのメンバーに環境省の天海啓示(小栗旬さん)、そして経産省の常盤紘一(松山ケンイチさん)も選ばれていた。
目的達成のためには手段もいとわない天海。自身の提案を通したいために東山総理にすり寄り、同時に総理の抵抗勢力である政界のドン・里城副総理(石橋蓮司さん)をも懐柔しようとしていた。
ある時、ネットに関東沈没へ警鐘を鳴らす田所雄介(香川照之さん)の記事が載っていた。この記事が原因で、一部の団体がデモを起こし、天海は事態収束のために田所と対面した。
そんな矢先、天海は週刊誌・サンデー毎朝記者の椎名実梨(杏さん)に「Dプランズ」という環境ビジネスで稼ぐ企業と環境省のあらぬ癒着疑惑を突きつけられる。
一抹の不安を抱えつつ、常盤と共に趣味のスキューバダイビングに出かけた天海は、そこで衝撃的な出来事に遭遇するのだった。その光景とは一体なんなんでしょうか?。

日本沈没 第2話のあらすじ

田所博士(香川照之さん)の予測通り、日之島が沈んだということは、関東沈没の前兆が起きたということになる。
環境省の天海啓示(小栗旬さん)は日本未来推進会議で、対策を早急に行うように訴える。しかし地球物理学の最高権威・世良教授(國村隼さん)は日之島が沈んだのはただの地滑りだと真っ向から否定していた。そして東山総理(仲村トオルさん)と共に会見を開き、説明を行うのだった。
納得がいかない天海。しかし週刊誌に天海が企業から不正にお金をもらっていたという記事が掲載されることに。天海の疑惑を否定する言い分は聞き入れられず、環境省では謹慎処分となってしまうのだった。
さらに未来推進会議からも外されそうになってしまうのだった。天海は田所から「解決の糸口になるかもしれない」と、海上保安庁の本物の海底調査のデータを入手するように頼まれる。
そして天海は経産省の常盤紘一(松山ケンイチさん)にデータの入手をお願いするが結果はやはり改ざんされたデータだった。
記者の椎名実梨(杏さん)は、天海の地元、愛媛に行き、天海の母・佳恵(風吹ジュンさん)に会っていた。そして椎名は重要な情報を入手する。果たして天海の疑惑をはらすことはできるのでしょうか。

日本沈没 第3話のあらすじ

「関東沈没が1年以内に始まる」という田所博士(香川照之さん)の報告を聞き、天海(小栗旬さん)は、対策の緊急性を強く訴える。
しかし、里城副総理(石橋蓮司さん)は田所を詐欺学者と決めつけていた為、東山総理(仲村トオルさん)は決断できないでいた。
そんな時、記者の椎名(杏さん)は天海とともに危機感を募らせる常盤(松山ケンイチさん)に接触していた。椎名は田所が総理官邸に招かれたことで、ただならぬ事態がおきているのではないかと思っていた。
そして常盤は常盤グループ会長で父親の統一郎(小野武彦さん)に呼ばれる。そこには里城がいて、同期である天海の人間性や関東沈没説に対する見解を聞かれるのだった。
そして日本未来推進会議で関東沈没への対策を議題に検討会が開かれた。
そこで天海は地球物理学の世界的権威であるアメリカの教授・ジェンキンスが田所博士の分析を支持したことを告げる。
各省庁の代表が論争が繰り広げられる中、国民への伝え方で天海と常盤の意見が割れるのだった。

国民の命なのか、それとも国の経済なのか。

日本沈没 第4話のあらすじ

「半年以内に関東圏沈没」の記事が新聞に出た。
里城副総理(石橋蓮司さん)や長沼官房長官(杉本哲太さん)がネタ元の特定に躍起になっている中、東山総理(仲村トオルさん)は椎名(杏さん)を呼び出し問い詰める。しかし椎名は東山さんが会見をするべきだという思いを伝える。
その後、天海(小栗旬さん)とも話した東山。国民に対して会見を開くことを決意した。そこで、時期や確率までは名言をしなかったが、関東沈没の可能性が総理の口から国民に語られたことで、人々は大混乱に陥ることとなる。
そして、東山の命により日本未来推進会議に危機対策が委ねられることとなり、常盤(松山ケンイチさん)を中心として迅速な対応が進むこととなる。

ワイドショーで関東沈没の現状を話す田所(香川照之さん)、その内容は東山が発表していない情報で、勝手な告発に常盤は怒りを抑えられなくなる。一方、毎朝新聞にリークしたのも天海ではないかという疑念を感じていた。

二人の仲に不穏な空気が漂い、二人は企業からの支援を募るために、経団連会長の生島(風間杜夫さん)に会うことに。
しかし、そこには思いがけない人物が同席することになるのだった。

日本沈没 第5話のあらすじ

とうとう恐れていた関東沈没は突然始まった。首都圏を中心に深刻な打撃を受ける。
たまたま沿岸部にいた天海(小栗旬さん)と椎名(杏さん)も関東沈没に巻き込まれ、被害を受けてしまう。

さらに、バスで避難中だった天海の妻・香織(比嘉愛未さん)と娘の茜(宝辺花帆美さん)、椎名の母・和子(宮崎美子さん)らが、トンネル崩落事故に巻き込まれたという情報も入るのだった。

そんな中、東山総理(仲村トオルさん)は総理官邸の災害対策本部から、国民に向け全力で対応することを約束する。
常盤(松山ケンイチさん)ら日本未来推進会議のメンバーは、不安を感じながら東山総理の指示の下、被害状況の把握や被災者の救助などに、全力で対応にあたっていた。
今や政府も国民も注目しているのは第二波がくるのかどうなのこということだった。
そして、昼夜を徹してデータ検証作業をしていた田所博士(香川照之さん)が一つの結論に達するのだった。
導き出したこととはいったいどのような結果なのでしょうか・・・。

日本沈没 第6話のあらすじ

天海(小栗旬さん)は日本未来推進会議に戻ることとなった。そして首都東京復興に向け、取り組む決意を合う。
国民も日常を取り戻しつつあり、政府も、復興に向けた議論が進められていくのだった。
そして、その復興計画をめぐり、東山総理(仲村トオルさん)と里城副総理(石橋蓮司さん)は再び対立していく。
関東沈没を経て、東山も里城に立ち向かう覚悟を決めるのだった。
だが、東山主導のもと、未来推進会議が進めていた復興計画に突然ストップがかかってしまう。
里城が東山の覚悟を上回る奇策をだしてきたのだ。
そんな中、田所博士(香川照之さん)は天海はを呼びだす。
そして伝えられたのは日本沈没、衝撃的な言葉だった。
今度は関東沈没どころか1億2千万人の命を救わなければいけなくなる。
しかし、里城だけはその事実をいまだに認めていない。天海は独断で国民を救うために自分ができることをやろうとする。だが高い壁に阻まれてしまう。
そしてそんな中、さらなる衝撃の出来事が起こるのだった。

日本沈没 の出演者

相関図

 

n_chinbotsu1

n_chinbotsu2

出演者

  • 小栗旬(役:天海啓示)
  • 松山ケンイチ(役:常盤紘一)
  • 杏(役:椎名実梨)
  • 仲村トオル(役:東山栄一)
  • 香川照之(役:田所雄介)
  • ウエンツ瑛士(役:石塚平良)
  • 中村アン(役:相原美鈴)
  • 杉本哲太(役:長沼周也)
  • 風間杜夫(役:生島誠)
  • 石橋蓮司(役:里城弦)
  • 國村隼(役:世良徹)
  • 小林隆(役:藤岡勲)
  • 風吹ジュン(役:天海佳恵)
  • 比嘉愛未(役:天海香織)
  • 宮崎美子(役:椎名和子)
  • 吉田鋼太郎(役:天海衛)

日本沈没 のプロモーション動画

日本沈没 の公式Twitter

 

「日本沈没」を見るなら
こちらがおすすめですよ